ショッピング キャッシング 違い

MENU

ショッピングとキャッシングの違い

 

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」というものがあります。
それぞれの違いを理解して、クレジットカードを上手に使いこなしましょう。

 

 

ショッピング枠

 

買い物

ショッピング枠は、買い物や料金の支払いのために使える限度額のことをさします。

 

50万円のショッピング枠があるクレジットカードでしたら、最大で50万円まで買い物、支払いができます。
支払いは、一括・分割・リボルビングから選べますが、分割・リボルビングは、手数料が発生します。

 

 

キャッシング枠

 

キャッシングというのは、カードを使って現金を借りることをいいます。
つまりキャッシング枠というのは、借り入れできる限度額のことです。

 

10万円のキャッシング枠があるクレジットカードですと、10万円までお金を借りることができます。
ショッピング枠と違うのは、必ず金利手数料が発生します。

 

お金

また、キャッシング枠はショッピング枠に含まれる仕組みになっています。
例えば、ショッピング枠50万円、キャッシング枠10万円のクレジットカードがあったとします。
ショッピングに45万円利用した場合には、キャッシングできるのは5万円までとなります。

 

 

消費者金融のクレジットカードは?

 

流通系、信販系、銀行系などのクレジットカードに加えて登場しているのが、消費者金融のクレジットカードです。

 

消費者金融というとキャッシングがメインですが、クレジットカード機能を付加したカードを提供しています。「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があるということでは、一般的なクレジットカードと同様です。

 

アコムのACマスターカードは、クレジットカードよりも審査が柔軟で、最短で即日カード発行までできることから、「審査が不安」「早くクレジットカードが必要」という人に多く利用されています。