申し込み時 審査 コツ

MENU

申し込み時の審査に通るコツ

 

した

比較的審査に通りやすいといわれているACマスターカードですが、それでも落ちてしまうことがないわけではありません。
審査に通過するためのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 

 

正しい情報を記入する

 

どの申し込み方法を選んでも、必要な申告内容は変わりません。
代表的な項目としては以下のようなものです。

  • 氏名
  • 現住所
  • 連絡先電話番号
  • 職業
  • 年収
  • 勤務先情報
  • 住居形態(持家/賃貸)
  • 他社からの借入額

これらの情報はあくまで自己申告ですが、審査の段階では信用情報機関に登録されている個人信用情報と照らしてチェックされます。虚偽の申告をすると審査に通る確率はぐんと下がってしまいます。
間違って記入してしまったなどということがないよう十分気をつけましょう。
ただし、年収380万円を400万円と書いたくらいの差は許容範囲ですので、そこまで神経質になる必要もありません。

 

 

希望限度額を低くする

 

ACマスターカードは、クレジットカード機能に加えてカードローンにも使えるカードです。
そのため審査もカードローンの審査に通る条件をクリアする必要があります。

 

消費者金融からの借り入れは年収の3分の1までということが、法律で決められています。
それ以上の額を希望しても借りることはできませんし、一定額以上を希望すると収入証明証の提出も必要になります。
収入証明証を提出するケースは審査基準が厳しくなるケースが多いので、利用限度額の希望は低めに設定すると良いでしょう。

 

 

借金をできる限り返済しておく

 

財布

審査の際には、信用情報機関に登録されている個人信用情報が参考にされます。

 

個人信用情報とは、過去から現在までのクレジットカードやローンの契約や利用実績、申し込みの事実などの情報で、返済を延滞した記録や債務整理をした記録も残っています。
債務整理の事実が残っていると審査に通ることは難しいかもしれません。
借金がある場合も審査に影響しますので、返済できるものは返済しておくことをおすすめします。